NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

モロッコで地震じしん たおれた建物たてものしたからひとたすける活動かつどうつづ

Story illustration

きたアフリカのモロッコで8日ようかよる中部ちゅうぶのマラケシュからやく70kmのところでマグニチュード6.8のつよ地震じしんがありました。この地震じしんで、日本にっぽん時間じかんの12にちひるまでに2800にん以上いじょうくなって、2500にん以上いじょうがけがをしました。

地震じしんのあと、たおれた建物たてものしたにいるひとたすける 活動かつどうつづいています。地震じしんこってから72時間じかんぎると、きている可能性かのうせいひくくなるとわれています。モロッコではこの時間じかんがもうぎていて、外国がいこくからたチームも一緒いっしょに、いそいで活動かつどうおこなっています。

たくさんの建物たてものたおれたアミズミズというまちでは、避難ひなんしたひとのためのテントがりません。このため、毛布もうふなどでテントのようなものをつくって、みんなでたすけながら生活せいかつしています。被害ひがいがあったところに、必要ひつようなものをどうやってはやとどけるかが問題もんだいになっています。