NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

東京大学とうきょうだいがく教授きょうじゅ論文ろんぶんでうそのデータを使つかっていた」

Story illustration

東京大学とうきょうだいがく分子細胞生物学ぶんしさいぼうせいぶつがく研究所けんきゅうじょ渡邊わたなべ嘉典よしのり教授きょうじゅたちが科学かがく雑誌ざっしした論文ろんぶんで、うそのデータなどを使つかっていたと大学だいがく発表はっぴょうしました。

東京大学とうきょうだいがくによると、渡邊わたなべ教授きょうじゅたちは本当ほんとう実験じっけんをしていないのにうそのデータを使つかってグラフをつくったり、写真しゃしんいろあかるさをえたりしていました。大学だいがくは、渡邊わたなべ教授きょうじゅたちが2008ねん〜2015ねんにアメリカやイギリスの雑誌ざっしした5つの論文ろんぶんなかに、ただしくないグラフや写真しゃしんが16あったとっています。

この5つの論文ろんぶん研究けんきゅうのために、くになどは14おく8000まんえん以上いじょうしています。

渡邊わたなべ教授きょうじゅは「論文ろんぶんいた意見いけん間違まちがっていないとかんがえています。しかし、ただしくないグラフなどを使つかったことはもうわけないとおもっています」とっています。そして、5つの論文ろんぶんただしくなおしたり、したりすることにしています。