NHK News Web Easierイーシア

Single Story

なつかしいラジカセを100だいあつめた展示てんじかい

Story illustration

ラジオとカセットプレーヤーがひとつになった「ラジカセ」を日本にっぽんはじめてから、今年ことしで50ねんです。東京とうきょうにあるデパートの西武せいぶ渋谷しぶやてんは、1968ねんから1993ねんっていたラジカセをあつめた展示てんじかいひらいています。

会場かいじょうでは、日本にっぽんはじめてられたアイワのラジカセなど、やく100だい展示てんじしています。このうち、1979ねんはじめた三洋電機さんようでんきのラジカセは、ちいさくて、あかなどきれいないろだったため、女性じょせいなどに人気にんきがありました。展示てんじかいでは、ラジカセで音楽おんがくくこともできます。

22さい女性じょせいは「ラジカセはデザインがとてもかわいいです。CDとくらべるとおとあたたかいとおもいます」とはなしていました。56さい男性だんせいは「むかし、ラジオをカセットに録音ろくおんして友達ともだちしたりりたりしていました。とてもなつかしいです」とはなしていました。

この展示てんじかいは、今月こんげつ14日じゅうよっかまでです。

See on NHK News Web Easy (if still available)