NHK News Web Easierイーシア

Single Story

障害しょうがいがあるひと電車でんしゃのドアまで案内あんないするシステム

Story illustration

えきのホームからひと線路せんろちないようにするための「ホームドア」のなかには、ロープやぼう使つかったさくのようなものもあります。電車でんしゃるとロープやぼうがって、電車でんしゃることができます。ドアの場所ばしょかずちが電車でんしゃても使つかうことができます。

しかし、障害しょうがいがあるひとは、このようなホームドアははばひろいため、電車でんしゃのドアがどこにあるかわかりにくいとっています。

このため、国土交通省こくどこうつうしょうは、障害しょうがいがあるひと電車でんしゃのドアのまえまで案内あんないするシステムの研究けんきゅうはじめました。このシステムでは、ホームにあるカメラが、障害しょうがいがあるひとっているしろいつえや一緒いっしょにいるいぬつけます。そして、スピーカーからこえ電車でんしゃのドアまで案内あんないします。

国土交通省こくどこうつうしょうは、あたらしいシステムができたら、えきでテストをしたあと使つかうことにしたいとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)