NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

NASA「つき地下ちか宇宙飛行士うちゅうひこうし生活せいかつできるかもしれない」

Story illustration

NASAは2030ねん〜2039ねん火星かせい宇宙飛行士うちゅうひこうしおくりたいとかんがえています。そのために、つき宇宙飛行士うちゅうひこうし生活せいかつする場所ばしょつくることを計画けいかくしています。

アメリカの議会ぎかい9日ここのか、NASAがこの計画けいかくについてはなしました。NASAによると、ひとつきくときにいちばんおおきな問題もんだいになるのは宇宙うちゅうから放射線ほうしゃせんです。

先月せんげつ日本にっぽん人工衛星じんこうえいせい「かぐや」があつめたつきのデータから、つき地下ちかながさ50kmのおおきなあながあることがわかりました。NASAは「つき地下ちかあな放射線ほうしゃせんとどかないため、宇宙飛行士うちゅうひこうし生活せいかつすることができるかもしれない」といました。そして、これからつきにロボットなどをおくって、くわしく調しらべるといました。