NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

奈良なら若草山わかくさやまで「山焼やまやき」 あかよるそらあかるくなる

奈良なら若草山わかくさやまで27にちよるむかしから1がつおこなう「山焼やまやき」という行事ぎょうじがありました。春日大社かすがたいしゃというおおきな神社じんじゃからって使つかって、やまれたくさきます。やまのいちばんうえにはむかし身分みぶんたかひとはかがあって、いのるためにはじまったともわれています。

27にち夕方ゆうがたやましたにある神社じんじゃで「山焼やまやき」がうまくいくようにいのりました。そして、おいわいの花火はなびがりました。そのあと、たいまつをった300にん一緒いっしょに、れたくさをつけました。はだんだんおおきくなって、やまのいちばんうえかってひろがりました。

よるそらあかあかるくなって、ひとたちは写真しゃしんってたのしんでいました。東京とうきょうから男性だんせいは「山焼やまやきをるために奈良ならました。がとてもすごくて感動かんどうしました」とはなしていました。