NHK News Web Easierイーシア

Single Story

きんジストロフィーのマウス ゲノム編集へんしゅう筋肉きんにくはたらいた

Story illustration

きんジストロフィー」はなおすことがむずかしい病気びょうきで、筋肉きんにくがだんだんよわくなってうごかなくなります。

アメリカの大学だいがくのグループは、「ゲノム編集へんしゅう」の技術ぎじゅつで「きんジストロフィー」のマウスの筋肉きんにくすこはたらくようになったと発表はっぴょうしました。「ゲノム編集へんしゅう」は動物どうぶつなどの遺伝子いでんしなか情報じょうほうえる技術ぎじゅつです。

きんジストロフィー」には、異常いじょう遺伝子いでんしがあるため筋肉きんにくつくるのに必要ひつよう物質ぶっしつができないタイプがあります。グループはこのタイプの病気びょうきになったマウスで実験じっけんをしました。グループがマウスの遺伝子いでんし情報じょうほうただしい情報じょうほうえると、筋肉きんにくつくるのに必要ひつよう物質ぶっしつ筋肉きんにくの40%以上いじょうつかりました。筋肉きんにくすこはたらくようになっていました。

グループは、将来しょうらいきんジストロフィー」をなおすことができるように研究けんきゅうつづけたいとかんがえています。

See on NHK News Web Easy (if still available)