NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

SNSで犯罪はんざい被害ひがいにあったども いままででもっとおお

警察庁けいさつちょうは、インターネットのSNSを利用りようしていて、犯罪はんざい被害ひがいにあった17さいまでのどもについて調しらべました。その結果けっか去年きょねんは1813にんいて、調しらはじめた2008ねんからいままででもっとおおくなりました。このなかやく70%が15さいから17さいどもで、せいてき犯罪はんざい被害ひがいがほとんどです。

SNSのなかでは、「ツイッター」が695にんもっとおおくて、おととしの1.5ばいえました。つぎは「ひま」で181にん、そのつぎは「LINE」で105にんでした。

容疑者ようぎしゃった理由りゆうは、「おかねものしかった」が435にんもっとおおくて、つぎは「やさしかった、はなしいてくれた」が336にんでした。

警察庁けいさつちょうによると、容疑者ようぎしゃつよわれて自分じぶんはだか写真しゃしんなどをおくってしまう被害ひがいえています。警察庁けいさつちょうおやたちに、一部いちぶのウェブサイトをどもがることができないようにしてほしいとっています。