NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

京都市きょうとし嵐山あらしやま 100ぽんたけ文字もじのようなきずつかる

京都市きょうとし嵐山あらしやまには、たくさんのたけなか散歩さんぽできるみちがあって、観光かんこうきゃく人気にんきがあります。

京都市きょうとしによると、今年ことしの2がつごろから、たけにアルファベットや漢字かんじなどの文字もじのようなきずつかるようになりました。さきほそくてかたものきずがつけられたようです。このようなきず先月せんげつからきゅうえて、いままでに100ぽんぐらいのたけつかっています。

京都市きょうとしは、たけきずをつけないでくださいと日本語にほんご外国語がいこくごいたかみをはりました。たけ管理かんりをしている会社かいしゃひとは「たけがつながっているので、1ぽんきずがつくとほかのたけわるくなります。きずがひどいたけは、っててなければならないのでやめてほしいです」とはなしています。

たけ女性じょせいは「すごくきれいなのに残念ざんねんです。みんなが京都きょうと大事だいじにしてほしいです」とはなしていました。