NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

おすめすからだったカブトムシをおとこつける

岡山県おかやまけんんでいる11さいおとこは、自分じぶんっているカブトムシのかたち普通ふつうちがうとおもって、博物館はくぶつかんってきました。このカブトムシはからだおおきさが5cmぐらいで、からだ左側ひだりがわおすかたちをしています。しかし、右側みぎがわあしふとくてめすのようなかたちをしています。おすだけにあるつの普通ふつうよりみじかくて、かたちみぎひだりちがいます。

博物館はくぶつかん調しらべると、おすめすからだったカブトムシだとわかりました。専門家せんもんかは「おすめすからだったカブトムシがきているところをたのははじめてです」とはなしています。

おとこは「つのがっているのをて、おかしいなとおもいました。めずらしいカブトムシだとわかってとてもうれしいです」とはなしていました。