NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

パスポートのコピーが使つかわれてらない会社かいしゃ代表だいひょうになっていた

ICIJという世界せかい記者きしゃ団体だんたいは「パナマ文書ぶんしょ」という書類しょるい調しらべています。税金ぜいきんがないかとてもやすい「タックスヘイブン」とばれるくに利用りようしていた会社かいしゃひとについてくわしくるためです。最近さいきんあたらしい120まんけん書類しょるいつけて、日本人にっぽんじんのパスポートのコピーなどの個人こじん情報じょうほうがあることがわかりました。

NHKなどが調しらべると、アンギラというくにに4にん日本人にっぽんじん男性だんせい代表だいひょうにした会社かいしゃつくられていました。しかし、4にんのうち連絡れんらくができた3にん男性だんせいは、この会社かいしゃについて全然ぜんぜんらないとっています。3にんはタイでパスポートのコピーを学校がっこうなどにしたことがあるとっています。男性だんせい1人ひとりは「わたし情報じょうほうらないあいだ使つかわれた。ゆるすことはできない」とっています。

ほかのひとのパスポートやうその書類しょるい使つかって、会社かいしゃつくっていたひとがいたこともわかりました。このひとっているおとこは「個人こじん情報じょうほうを1けん10まんえんって、20ぐらいの会社かいしゃつくった。警察けいさつはタックスヘイブンにつくった会社かいしゃ調しらべることができない」とはなしています。