NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

金魚きんぎょすくい」の大会たいかい 優勝ゆうしょうは3ぷんで67ひき金魚きんぎょをすくったひと

金魚きんぎょすくい」は、水槽すいそうはいった金魚きんぎょ道具どうぐ使つかってすくうあそびで、どもがおまつりなどでたのしみます。

たくさんの金魚きんぎょそだてている奈良県ならけん大和郡山市やまとこおりやましは、1995ねんから毎年まいとし金魚きんぎょすくい」の大会たいかいひらいています。今年ことし小学校しょうがっこうねんから81さいまでやく1600にんあつまりました。

試合しあいは、小学生しょうがくせい中学生ちゅうがくせいのグループと、高校生こうこうせい以上いじょうのグループにかれておこないます。1000びき金魚きんぎょおよ水槽すいそうから3ぷんなんびきすくうことができるか競争きょうそうします。

試合しあいはじまると、直径ちょっけい8cmぐらいのまるかみったスプーンのようなかたち道具どうぐって、みんな一生懸命いっしょうけんめい金魚きんぎょをすくいました。

高校生こうこうせい以上いじょうのグループで優勝ゆうしょうしたのは、3ぷんで67ひき金魚きんぎょをすくった大和郡山市やまとこおりやまし女性じょせいでした。