NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

認知症にんちしょうひと生活せいかつ手伝てつだひと紹介しょうかいする「コーディネーター」

認知症にんちしょうひとは、日本にっぽんいま500まんにんぐらいいて、2025ねんには700まんにんになるとわれています。

認知症にんちしょうになると、おぼえたりかんがえたりすることがむずかしくなります。生活せいかつこまったことがあった場合ばあいちかくにんでいる「認知症にんちしょうサポーター」が手伝てつだいます。「認知症にんちしょうサポーター」は、講習こうしゅうけたらだれでもなることができて、3がつ調しらべたときは1000まんにんいました。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは、認知症にんちしょうひと安心あんしんして生活せいかつできるように、都道府県とどうふけんあたらしく「コーディネーター」をくことにしました。「コーディネーター」は、「認知症にんちしょうサポーター」がいつどんな手伝てつだいができるひと調しらべておいて、手伝てつだってほしい認知症にんちしょうひと紹介しょうかいします。