NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

たかところでは時間じかんはやすすむか 東京とうきょうスカイツリーで調しらべる

物理ぶつり学者がくしゃのアインシュタインは、たかところでは重力じゅうりょくよわくなるため、ひくところより時間じかんはやすすむといました。

東京大学とうきょうだいがく香取かとり秀俊ひでとし先生せんせいのグループは、アインシュタインのかんがえをたしかめるため、2日ふつかから東京とうきょうスカイツリーで実験じっけんはじめました。

グループは、東京とうきょうスカイツリーの1かいたかさ450mのところ時計とけいいて、時間じかんすすはやさがどのくらいちがうか調しらべます。グループがつくったこの時計とけいはとても正確せいかくで、時間じかん間違まちがいは160おくねんに1びょうだけです。

香取かとり先生せんせいは「とても正確せいかく時計とけいができたので、この実験じっけんができることになりました。たくさんのひと物理ぶつり興味きょうみってくれたらうれしいです」とっています。

グループは、アインシュタインのかんがえのとおりに計算けいさんすると、たかさ450mのところでは1かげつやくおくぶんの13びょう、1かいよりはやすすむとっています。