NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

信州大学しんしゅうだいがくが「世界せかいもっとあかいりんご」をつく

Story illustration

信州大学しんしゅうだいがくでは5ねんまえから、りんごのなかしんまであかい「世界せかいもっとあかいりんご」を研究けんきゅうしています。11にち今年ことしできた2種類しゅるいのりんごをみんなに紹介しょうかいしました。

研究けんきゅうしている伴野ばんのきよし教授きょうじゅは、1つはちいさくてすっぱいため、ジャムなどをつくるときに使つかうのがいいとっています。もう1つはおおきくてとてもあまいため、そのままべるのがいいとっています。

なかあかいりんごはほかにもありますが、この2種類しゅるいのりんごには「アントシアニン」というあかいろつく物質ぶっしつがたくさんはいっています。りんご100gのなかに、いちばんおお場合ばあい26.3mgあって、世界せかいもっとおおいとかんがえられています。

伴野ばんの教授きょうじゅは「いろあじがもっとよくなるように研究けんきゅうして、みんながおいしいとおもうりんごをつくりたいとおもいます」とはなしていました。