NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

アメリカのスターバックス 店員てんいんがみんな手話しゅわができるみせ

アメリカのコーヒーの会社かいしゃのスターバックスは23にち、24にん店員てんいんがみんな手話しゅわができるみせ首都しゅとワシントンにつくりました。おおくの店員てんいんみみ障害しょうがいがあって、手話しゅわきゃく会話かいわをします。手話しゅわができないきゃくには、いてもらったりします。

普通ふつうみせではものなどの準備じゅんびができたらこえらせますが、このみせでは画面がめんしてらせます。カウンターには、おおくのひと手話しゅわってもらうために、手話しゅわ紹介しょうかいするってあります。

みせていたみみ障害しょうがいがある大学生だいがくせいは「普通ふつうみせでは自分じぶんったことを店員てんいんがわかるかどうか心配しんぱいですが、ここでは安心あんしんです」と手話しゅわつたえていました。

スターバックスは今年ことしがつ黒人こくじん差別さべつしているみせがあるとわれました。そのとき会長かいちょうだったシュルツさんは会社かいしゃひと店員てんいんに、「いちばんいいみせは、どんなひとよろこんでむかえるみせだということをわすれないでください」とはなしていました。