NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

10ねんなにえなかったくま手術しゅじゅつ成功せいこうする

Story illustration

北海道ほっかいどう登別市のぼりべつしの「のぼりべつクマ牧場ぼくじょう」は、たくさんのくまそだてて、くま生活せいかつをおきゃくさんにせています。「ノビタ」とばれている20さいおすくまは、「白内障はくないしょう」という病気びょうきで10ねんまえなにえなくなりました。このため、おきゃくさんにわない建物たてものなかにずっといました。

ノビタは7がつ6日むいか手術しゅじゅつをして、いろいろなものえるようになりました。ものをすぐつけたり、世話せわをするひとでさがしたりできるようになりました。

手術しゅじゅつをした大学だいがく先生せんせいは「くま白内障はくないしょう手術しゅじゅつ成功せいこうしたというはなしは、いままでいたことがありません」とっています。

のぼりべつクマ牧場ぼくじょうは「ノビタが元気げんきになってうれしいです。ほかの白内障はくないしょうくまにも手術しゅじゅつができるかどうかかんがえたいです」とはなしています。