NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

インドの首都しゅとニューデリー 空気くうききたなくて市民しみん健康けんこう心配しんぱい

Story illustration

インドの首都しゅとニューデリーでは、空気くうききたなくするPM2.5という物質ぶっしつ濃度のうどたかくなっています。8日ようか今年ことしでいちばん濃度のうどたかくなって、WHOがめた基準きじゅんの40ばい以上いじょうになったところもありました。

PM2.5はぜんそくや気管支炎きかんしえんなどの病気びょうき原因げんいんになるとかんがえられているため、市民しみん健康けんこう心配しんぱいされています。ニューデリーでは、マスクをしたり、かおぬのをまいたりしてかけるひとがたくさんいました。

7日なのかは、ヒンドゥーきょうまつりでした。政府せいふは、空気くうききたなくする花火はなびなどを使つかわないようにっていました。しかし、7日なのかよるはたくさんの場所ばしょ花火はなびなどのけむりがっていました。

政府せいふ今月こんげつ、ニューデリーのちかくでおこなっている工事こうじや、石炭せきたん使つか火力かりょく発電所はつでんしょめましたが、空気くうきはきれいになっていません。