NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

かぜのとき抗菌薬こうきんやくやくたない 半分はんぶんひとらなかった

細菌さいきんえないようにする「抗菌薬こうきんやく」というくすりは、かぜやインフルエンザなどウイルスが原因げんいん病気びょうきのときはやくちません。

国立こくりつ国際こくさい医療いりょう研究けんきゅうセンター病院びょういんは、インターネットで721にん抗菌薬こうきんやくについて質問しつもんしました。その結果けっか抗菌薬こうきんやくはかぜのときやくつとこたえたひとと、インフルエンザのときやくつとこたえたひとは、どちらもやく50%でした。半分はんぶんぐらいのひと間違まちがえていることがわかりました。

かぜのときに医者いしゃからもらいたいくすりについてくと、30%のひとが「抗菌薬こうきんやく」とこたえました。しかし、かぜをひいたひと抗菌薬こうきんやくむと、「耐性菌たいせいきん」という細菌さいきんえて病気びょうきのときくすりやくたなくなる危険きけんがあります。

この病院びょういん医者いしゃは「抗菌薬こうきんやくについてみなさんにただしくってもらうことが必要ひつようです」とはなしています。