NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「よく風呂ふろはいるお年寄としよりは介護かいご必要ひつようになる可能性かのうせいひくい」

Story illustration

千葉ちば大学だいがくなどのグループは、風呂ふろはい習慣しゅうかん健康けんこう関係かんけい研究けんきゅうするために、介護かいご必要ひつようがないお年寄としよやくまん4000にん調しらべました。

この研究けんきゅうでは、1週間しゅうかんなんかいぐらい風呂ふろはいっているかなどを調しらべて、3ねんあと、どのくらい元気げんきかチェックしました。その結果けっかふゆに1週間しゅうかんに7かい以上いじょう風呂ふろはいっているひとは、2かい以下いかひとより、介護かいご必要ひつようになる可能性かのうせいが29%ひくくなりました。

グループは、お年寄としよりが元気げんき生活せいかつするために、事故じこ病気びょうき十分じゅうぶんをつけて、よく風呂ふろはいるようにしたほうがいいとかんがえています。グループの医者いしゃは「1人ひとりんでいるお年寄としよりには、お年寄としよりのための施設しせつ風呂ふろなども利用りようして、よく風呂ふろはいるようにうことが大切たいせつです」とはなしています。