NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

フィギュアスケートの羽生はにゅう選手せんしゅ 練習れんしゅうでけがをしたあと優勝ゆうしょう

Story illustration

フィギュアスケートの羽生結弦はにゅうゆづる選手せんしゅはロシアで、グランプリシリーズの試合しあいました。羽生はにゅう選手せんしゅは16にちのショートプログラムで、いちばんたかてんりました。

しかし、17にち午前ごぜんちゅう、ジャンプの練習れんしゅうをしたときにころんであしにけがをしました。このため17にちのフリーでは、いつもよりすこしやさしい演技えんぎえました。前半ぜんはんは4回転かいてんジャンプを2かいきれいにとぶことができました。後半こうはんはジャンプの失敗しっぱいつづきましたが、優勝ゆうしょうすることができました。

羽生はにゅう選手せんしゅは、グランプリシリーズの試合しあいで2かい優勝ゆうしょうして、来月らいげつカナダでおこなわれるグランプリファイナルの試合しあいることがまりました。

羽生はにゅう選手せんしゅ試合しあいのあと、医者いしゃに3週間しゅうかんやすむようにわれたとはなしました。そして18にち、「グランプリファイナルにることができるように、頑張がんばってあしなおします」といました。