NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

広島ひろしま原爆資料館げんばくしりょうかん 本館ほんかんあたらしくなって4がつにオープン

Story illustration

広島市ひろしまし原爆資料館げんばくしりょうかんは、原爆げんばく関係かんけいがあるもの写真しゃしんなどの資料しりょうあつめてせています。原爆資料館げんばくしりょうかんあたらしくするための工事こうじをしていて、いまることができるのはひがしかんだけです。本館ほんかんあたらしくなって、今年ことしの4がつ25にちにオープンします。

あたらしい本館ほんかんでは、資料しりょうを2つのテーマにけてせます。 広島の原爆資料館 本館が新しくなって4月にオープン 1つは「8がつ6日むいかのヒロシマ」というテーマです。原爆げんばくちたときのつよかぜがったてつ煙突えんとつくなったひとていたふくなどを紹介しょうかいします。

もう1つのテーマは「被爆ひばくしゃ」です。原爆げんばくくなったひと写真しゃしん家族かぞく手紙てがみ一緒いっしょに、そのひと使つかっていた弁当箱べんとうばこなどを紹介しょうかいします。

今年ことしは4がつ27にちから5がつ6日むいかまで、やすみが10日とおかつづきます。広島市ひろしましは、ながやすみのまえにオープンして、たくさんのひとてもらいたいとかんがえています。