NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

天然記念物てんねんきねんぶつの「ニホンヤマネ」 毛布もうふなかねむっていた

「ニホンヤマネ」はからだおおきさが8cmぐらいのネズミやリスにている動物どうぶつで、日本にっぽんだけにいる種類しゅるいです。100まんねん以上いじょうまえからいるので、「きた化石かせき」とばれていて、くに天然記念物てんねんきねんぶつになっています。

大分県おおいたけん日田市ひたしんでいる永瀬ながせ豊子とよこさんは去年きょねん12がつわりに、まりに家族かぞくのためにれのなかから布団ふとんなどをしていました。そして、毛布もうふなかまるくなってねむっているちいさい動物どうぶつつけました。

永瀬ながせさんが博物館はくぶつかんひと相談そうだんすると、この動物どうぶつはニホンヤマネだとわかりました。博物館はくぶつかんひとは「ヤマネはふゆになると、つちなかあななどでねむります。このヤマネは間違まちがっていえれにはいって、あたたかくてねむってしまったとおもいます」とはなしていました。

永瀬ながせさんは、「ヤマネがきたらちかくのもりかえすつもりでしたが、先週せんしゅう、いなくなってしまいました。まるくてかわいかったので、もうすこながくいてほしかったです」とはなしていました。