NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

イタリアの大学生だいがくせい日本にっぽん学校がっこう給食きゅうしょく

Story illustration

イタリアの大学だいがく世界せかい食事しょくじ文化ぶんか勉強べんきょうしている学生がくせい14にんが、日本にっぽん給食きゅうしょくるために山形県やまがたけん鶴岡市つるおかしました。

鶴岡市つるおかしでは130ねんまえ日本にっぽんはじめて給食きゅうしょくはじまったとわれています。学校がっこうでみんなにおな食事しょくじ日本にっぽん給食きゅうしょくは、世界せかいでもめずらしいとわれています。

イタリアの学生がくせいたちはまず、給食きゅうしょくセンターへって、給食きゅうしょくつくかたました。そして、給食きゅうしょくが1にちいくらかや、つくった給食きゅうしょくをどうやって学校がっこうとどけているかなどについて熱心ねっしん質問しつもんしました。

そのあと、学生がくせいたちはちかくの小学校しょうがっこうって、どもたちと一緒いっしょ給食きゅうしょくべました。学生がくせいどもに「きなものは?」などといていました。この給食きゅうしょくには2がつ3日みっか節分せつぶんべるまめもあって、学生がくせいたちはむかしからつづ行事ぎょうじもの給食きゅうしょくることにおどろいていました。