NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

群馬県ぐんまけん生活せいかつする外国人がいこくじんのための「健康けんこう手帳てちょう」ができる

Story illustration

今年ことしがつから法律ほうりつわって、外国人がいこくじん日本にっぽんはたらきやすくなります。このため、病気びょうきやけがをして病院びょういん外国人がいこくじんえるとかんがえられています。

群馬県ぐんまけんにある通訳つうやく団体だんたいなどが、外国人がいこくじんのための「健康けんこう手帳てちょう」をつくりました。英語えいごやベトナム、ポルトガルなど9つの言葉ことばいた手帳てちょうがあります。

手帳てちょうには、病院びょういん紹介しょうかいする場所ばしょ消防署しょうぼうしょ電話でんわ番号ばんごうなどがいてあります。そのほか、自分じぶん病気びょうき名前なまえんでいるくすりなど、医者いしゃつたえたほうがいいことをところもあります。インフルエンザのワクチンをけることなど、健康けんこうのためにをつけることもいてあります。

団体だんたいなどはこの手帳てちょうを1まん1000さつつくって、群馬県ぐんまけんにある日本語にほんご学校がっこう外国人がいこくじんはたらいている会社かいしゃなどでくば予定よていです。団体だんたいひとは「言葉ことばがよくわからなくて病院びょういんくのがおくれるひとがいます。みんなにこの手帳てちょう使つかってほしいです」とはなしていました。