NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

携帯電話けいたいでんわ使つかいながら運転うんてん くなる事故じこ割合わりあいが2ばいたか

Story illustration

警察庁けいさつちょうによると、携帯電話けいたいでんわなどを使つかいながらくるま運転うんてんする「ながら運転うんてん」が原因げんいん交通事故こうつうじこが、去年きょねん2790けんありました。事故じこは、携帯電話けいたいでんわはなしたり、メールやカーナビの画面がめんたりしながら運転うんてんしているときにこっています。スマートフォンを使つかひとえたため、10ねんあいだで2ばい以上いじょうえました。

「ながら運転うんてん」が原因げんいんひとくなった事故じこは42けんありました。ひとくなった事故じこ割合わりあいは、「ながら運転うんてん以外いがい原因げんいんのときより2ばいたかくなっています。

「ながら運転うんてん」をすると、危険きけんがついて、スピードをげたりくるまめたりすることがおそくなります。そしてくるまのスピードが十分じゅうぶんがらないまま事故じこになってしまうことがおおいと警察庁けいさつちょうかんがえています。

警察庁けいさつちょうは、いまひらいている国会こっかいに「ながら運転うんてん」のばつきびしくした法律ほうりつあん予定よていです。