NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

iPS細胞さいぼう使つかった「脊髄損傷せきずいそんしょう」の治療ちりょうはじまる

Story illustration

iPS細胞さいぼうは、神経しんけいなどからだのいろいろな部分ぶぶんわることができる細胞さいぼうです。慶応大学けいおうだいがくのグループは、「脊髄損傷せきずいそんしょう」の治療ちりょうにiPS細胞さいぼう使つか研究けんきゅうをしています。くには18にち、このグループがつくった計画けいかくおこなってもいいといました。

事故じこなどで背中せなかほねなかにある神経しんけいきずついて「脊髄損傷せきずいそんしょう」になると、あしなどをうごかすことができなくなります。日本にっぽんでは毎年まいとし5000にんぐらいのひとがなっていて、なおすことはむずかしいとわれています。

グループの計画けいかくによると、まずひとのiPS細胞さいぼうから神経しんけいわることができる細胞さいぼうを200まんぐらいつくります。そして、神経しんけいきずついたところにこの細胞さいぼうれます。れた細胞さいぼう神経しんけいわって、からだうごかなかった部分ぶぶんうごかすことができるようにしたいとかんがえています。