NHK News Web Easierイーシア

Single Story

アトピーせい皮膚炎ひふえんでかゆくなる原因げんいんのたんぱくしつがわかる

「アトピーせい皮膚炎ひふえん」は、皮膚ひふあかくなって、とてもかゆくなる病気びょうきです。かゆくなるのは、細胞さいぼうが「ILー31」という物質ぶっしつつくりすぎるためだとわかっていますが、どうやってつくるのかなどはわかりませんでした。

九州大学きゅうしゅうだいがく研究けんきゅうグループは、マウスを使つかって実験じっけんをしました。その結果けっか、アトピーせい皮膚炎ひふえんになると、細胞さいぼうなかで「EPAS1」というたんぱくしつえていることがわかりました。「EPAS1」がえないようにすると、「ILー31」がすくなくなりました。ひと細胞さいぼう使つかった実験じっけんでもおなじことがわかりました。

研究けんきゅうグループは、アトピーせい皮膚炎ひふえんでかゆくなる原因げんいんは「EPAS1」だとかんがえています。このため、かゆくならないようにするあたらしいくすりつくることができるかもしれないとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)