NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

鹿児島県かごしまけんいちき串木野くしきの「サメをおいしくべよう」

Story illustration

鹿児島県かごしまけん薩摩半島さつまはんとうおきでは、ちいさいサメがさかなをとる道具どうぐこわしたり、サメがあみなかはいってほかのさかながとれなくなったりしています。いちき串木野くしきのは、このようなこまった被害ひがいすサメをつかまえて、おいしくべようとかんがえています。

12にち、サメの料理りょうり紹介しょうかいするかいがありました。あつまったひとたちは、高校生こうこうせいなどがつくった10種類しゅるい料理りょうりべました。サメをってあぶらげた料理りょうりや、サメを使つかったカレーパンがありました。べたとき鶏肉とりにくているとかんじる料理りょうりもありました。

料理りょうりつくった高校生こうこうせいは「サメのにおいをすのが大変たいへんでしたが、いろいろやりかたかんがえたらおいしくなることがわかりました」とはなしていました。

いちき串木野くしきのは、サメの栄養えいようやサメを保存ほぞんする方法ほうほう調しらべて、みんなにもっとべてほしいとかんがえています。