NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ガザ地区ちく たこをあげて東日本ひがしにほん大震災だいしんさいまちに「元気げんきになって」

Story illustration

パレスチナのガザ地区ちくは、イスラエルと戦争せんそうがあって、おおくの建物たてものいえこわれました。日本にっぽんはガザ地区ちくのために、いろいろな支援しえんをしています。

ガザ地区ちくでは、日本にっぽんにおれい気持きもちをつたえるために、東日本ひがしにほん大震災だいしんさいがあった3がつ11にちごろに、毎年まいとしイベントをおこなっています。どもたちがそらにたこをあげて、被害ひがいがあったまち元気げんきになるようにいのります。

14日じゅうよっか、300にんぐらいのどもたちが、日本にっぽんはたをかいたたこなど、自分じぶんたちでつくったたこをたかくあげました。ガザ地区ちくどもたちと岩手県いわてけん釜石市かまいしし高校生こうこうせいたちは、インターネットのテレビ電話でんわ交流こうりゅうしました。どもたちがパレスチナのおどりをおどると、高校生こうこうせいたちはたのしそうにていました。

イベントに参加さんかしたどもは「とおところにいる日本人にっぽんじんと、心配しんぱいしたり心配しんぱいしてもらったりする友達ともだちになることができました。とてもすばらしいことです」とはなしていました。