NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Stories on 2019-03-15

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed.

For some more stories, visit Slow Communication.

あたらしいビザで外国人がいこくじんやとうときの規則きそくができる

Story illustration

日本にっぽん政府せいふ来月らいげつから、くにめた仕事しごと技術ぎじゅつがある外国人がいこくじんに「特定技能とくていぎのうごう」と「特定技能とくていぎのうごう」というあたらしいビザをします。法務省ほうむしょうは15にちあたらしいビザで外国人がいこくじんやと会社かいしゃなどがまもらなければならない規則きそく発表はっぴょうしました。

規則きそくでは、外国人がいこくじん給料きゅうりょう日本人にっぽんじんおなじか、それ以上いじょうにしなければならないとまっています。給料きゅうりょうは、銀行ぎんこう郵便局ゆうびんきょくなどの口座こうざれたりして、どのくらいはらったかわかるようにしなければなりません。外国人がいこくじん生活せいかつしやすいように、携帯電話けいたいでんわ契約けいやくするときなどは手伝てつだわなければなりません。

外国人がいこくじんなかには、日本にっぽんはたらくためにわるひとにたくさんおかねはらひとがいて、問題もんだいになっています。このような問題もんだいをなくすために、外国人がいこくじんやと会社かいしゃなどは、わるひとにおかねはらっていないかどうか確認かくにんしなければなりません。仕事しごとをやめたあと、くにかえるおかねがない場合ばあいは、会社かいしゃがおかねさなければなりません。

この規則きそくは、法務省ほうむしょうのウェブサイトでることができます。

ガザ地区ちく たこをあげて東日本ひがしにほん大震災だいしんさいまちに「元気げんきになって」

Story illustration

パレスチナのガザ地区ちくは、イスラエルと戦争せんそうがあって、おおくの建物たてものいえこわれました。日本にっぽんはガザ地区ちくのために、いろいろな支援しえんをしています。

ガザ地区ちくでは、日本にっぽんにおれい気持きもちをつたえるために、東日本ひがしにほん大震災だいしんさいがあった3がつ11にちごろに、毎年まいとしイベントをおこなっています。どもたちがそらにたこをあげて、被害ひがいがあったまち元気げんきになるようにいのります。

14日じゅうよっか、300にんぐらいのどもたちが、日本にっぽんはたをかいたたこなど、自分じぶんたちでつくったたこをたかくあげました。ガザ地区ちくどもたちと岩手県いわてけん釜石市かまいしし高校生こうこうせいたちは、インターネットのテレビ電話でんわ交流こうりゅうしました。どもたちがパレスチナのおどりをおどると、高校生こうこうせいたちはたのしそうにていました。

イベントに参加さんかしたどもは「とおところにいる日本人にっぽんじんと、心配しんぱいしたり心配しんぱいしてもらったりする友達ともだちになることができました。とてもすばらしいことです」とはなしていました。

うみちた男性だんせい いだジーンズに空気くうきれてたすかる

今月こんげつ6日むいか、ヨットでブラジルにかっていたドイツじんが、ニュージーランドの海岸かいがんから30kmはなれたうみで、ヨットからちました。

ヨットに一緒いっしょっていたひとみずなかからだくようにする救命胴衣きゅうめいどういげましたが、男性だんせいつかまえることができませんでした。男性だんせいはすぐにジーンズをいで、あし部分ぶぶんむすびました。そして、ジーンズのなか空気くうきれて、救命胴衣きゅうめいどういわりに使つかいました。

男性だんせいは3時間じかん以上いじょううみいていたあと、ヘリコプターでたすけてもらいました。男性だんせいは「ズボンを救命胴衣きゅうめいどういわりに使つかうことができることをっていました。ジーンズがなかったら、たすからなかったとおもいます」とはなしていました。

インターネットでは、このニュースをひとが「すごい」とか、「ジーンズにあながなくてよかった」などといています。

ロボットがコンビニの品物しなものきゃくとどける実験じっけん

ロボットがコンビニの品物しなものきゃくとどける実験じっけんが、神奈川県かながわけんにある大学だいがくなかでありました。コンビニの「ローソン」や自動じどう運転うんてん技術ぎじゅつ研究けんきゅうしている会社かいしゃなどがおこないました。

ロボットは1mぐらいのおおきさで、はこのようなかたちをしています。きゃくがスマートフォンのアプリで品物しなもの注文ちゅうもんすると、ロボットはみせきゃくところまで品物しなものとどけます。ロボットはセンサーやカメラを使つかって、ちかくにひとがいたらまります。ひとうとこえしてあいさつもします。

ローソンなどは、このロボットを使つかうと、お年寄としよりやみせくことができないひともの便利べんりになるとかんがえています。はこひとがいなくて品物しなものとどけることができないという問題もんだいもなくなります。このため、ロボットがみちとおることができるように法律ほうりつえてもらったりして、はや使つかはじめたいとかんがえています。