NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

55ねんまえ東京とうきょうオリンピックの聖火せいかだい岩手県いわてけん福島県ふくしまけん展示てんじ

Story illustration

1964ねん東京とうきょうオリンピックで使つかった旧国立競技場きゅうこくりつきょうぎじょう聖火せいかだいは、4ねんまえから宮城県みやぎけん石巻市いしのまきしりていました。そして、イベントで聖火せいかだいをつけたりして、8ねんまえおおきな地震じしんがあったところひとたちが元気げんきになるようにしてきました。

聖火せいかだいっている団体だんたいは、岩手県いわてけん福島県ふくしまけんまわって聖火せいかだい展示てんじすることをめました。もっとたくさんのひとたちを元気げんきにして、来年らいねん東京とうきょうオリンピックについてもってもらいたいとかんがえたためです。

14日じゅうよっか聖火せいかだいはこはじめました。聖火せいかだいたかさが2.1m、ふとさが2.1mもあるため、クレーンを使つかってトラックにのせました。

石巻市体育協会いしのまきしたいいくきょうかいひとは「うれしいようなさびしいような気持きもちです。岩手県いわてけん福島県ふくしまけんでもみんなを元気げんきにしてほしいです」とはなしていました。