NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ペルーで「ギラン・バレー症候群しょうこうぐん」という病気びょうきひとえる

「ギラン・バレー症候群しょうこうぐん」は、免疫めんえき自分じぶん神経しんけい攻撃こうげきするため、あしちからはいらなくなる病気びょうきです。呼吸こきゅうができなくなってくなるひともいます。

ペルーの政府せいふによると、首都しゅとのリマやきたにある観光地かんこうちでは、今年ことしになってからギラン・バレー症候群しょうこうぐんだとわかったひとが206にんいました。このうち4にんくなりました。

ペルーの政府せいふ今月こんげつ8日ようか、この病気びょうきになるひときゅうえているため、健康けんこう危険きけんがある状況じょうきょうだといました。そして、からだちからはいらなくなったら、すぐに病院びょういんくようにっています。

ギラン・バレー症候群しょうこうぐんは、やウイルスなどでうつる病気びょうき関係かんけいがあるかもしれないとわれています。政府せいふ専門家せんもんか原因げんいん調しらべています。

ペルーには世界遺産せかいいさんのマチュピチュがあって、日本人にっぽんじんもたくさん観光かんこうきます。ペルーの日本大使館にっぽんたいしかんは、ものをきれいにあらって、衛生えいせいをつけるようにっています。