NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

アメリカの大学だいがく長崎ながさき教会きょうかい手紙てがみす「十字架じゅうじかかえしたい」

Story illustration

長崎ながさき教会きょうかいにアメリカのウィルミントン大学だいがくから手紙てがみました。手紙てがみには、だい次世界大戦じせかいたいせんわったあと、長崎ながさきにある浦上天主堂うらかみてんしゅどうという教会きょうかいでアメリカの軍人ぐんじんつけた十字架じゅうじかかえしたいといてありました。

浦上天主堂うらかみてんしゅどうは、1945ねんがつ9日ここのか長崎ながさき原爆げんばくとされたとき、建物たてものこわれてえました。

手紙てがみによると、1945ねん10がつ軍人ぐんじんのウォルター・フックさんはこわれた建物たてものなかから1mぐらいの十字架じゅうじかつけました。フックさんは十字架じゅうじかをアメリカにおくって、そのあとウィルミントン大学だいがくにあげました。

手紙てがみには「十字架じゅうじか希望きぼうなどのシンボルです。浦上天主堂うらかみてんしゅどうかえさなければならないとおもうようになりました」といてあります。

ウィルミントン大学だいがくひと今年ことしの8がつ日本にっぽん十字架じゅうじかかえ予定よていです。