NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

どこへったかわからなくなった認知症にんちしょうひと 去年きょねんもっとおお

Story illustration

認知症にんちしょうという病気びょうきになると、自分じぶん名前なまえわすれたり、どこにいるかわからなくなったりします。認知症にんちしょうひとが、かけたあとどこへったかわからなくなることがえています。

警察庁けいさつちょうによると、「認知症にんちしょうひとがどこへったかわからない」と家族かぞくなどが警察けいさつらせたかずは、去年きょねんは1まん6927でした。6ねんつづけて1まん以上いじょうになって、7ねんまえ調しらはじめてからもっとおおくなりました。

ほとんどのひと去年きょねんつかりましたが、197にんはまだつかっていません。

警察けいさつでは、はやつけることができるように、認知症にんちしょうひとがどのようなことをするかなど専門せんもん勉強べんきょうをしています。そして、さがしているひと写真しゃしん情報じょうほうをまとめて、すぐ調しらべることができるようにしています。