NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コヤマコウモリが北海道ほっかいどうどもをそだてているかもしれない

Story illustration

北海道ほっかいどう上ノ国町かみのくにちょうにある風力ふうりょく発電所はつでんしょで、おととし8がつ、5ひきのこうもりがんでいるのがつかりました。電気でんきをつくるためにまわっていた風車ふうしゃにぶつかった可能性かのうせいがあります。

ひきは「コヤマコウモリ」のどもだとわかりました。コヤマコウモリはからだながさが8cmぐらいで、日本にっぽんだけにいるとわれています。いままでにつかったのは東北地方とうほくちほう関東地方かんとうちほうの27ひきだけで、将来しょうらいいなくなることが心配しんぱいされています。日本にっぽんのどこにいるのか、どもをどこでそだてているのかなどまだわかっていません。

こうもりを研究けんきゅうしたりまもったりしている団体だんたいは、コヤマコウモリがどもをそだてている場所ばしょちかくにあるとかんがえています。このため、発電所はつでんしょ調査ちょうさをするようにっています。団体だんたいひとは「大切たいせつなコヤマコウモリをまもるためにできることをしてほしいです」とはなしています。