NHK News Web Easierイーシア

Single Story

台風たいふうちかくにたときにをつけること

1.かぜ
2.あめ
3.台風たいふうまえ準備じゅんび

【1.かぜ

台風たいふうるとかぜつよくなります。看板かんばんんだり、電柱でんちゅうたおれたりすることがあるため、そとないほうがいいです。かぜつよくなるまえに、自転車じてんしゃ植木うえきばちなどたおれやすいもの建物たてものなかれておきましょう。

【2.あめ

台風たいふうあめがたくさんると、かわみずえてあふれることがあります。台風たいふうのときはかわちかくにってはいけません。自分じぶんがいるところではあめっていなくても、かわうえのほうであめがたくさんってかわみずがあふれることもあります。

あめがたくさんると、みちかわのようになることがあります。かわのようになったみちあるくところんでながされたり、ふたがはずれたマンホールにちたりして危険きけんです。このようなときはあるいて避難ひなんするより、丈夫じょうぶ建物たてものの2かい以上いじょうにいたほうが安全あんぜんなことがあります。地下鉄ちかてつえき地下街ちかがいは、みずはいってくることもあるため、危険きけんです。

あめがたくさんると、やまがけなどがくずれてつちいしなどがながれてきて、危険きけんです。やまができたり、へんおとこえたりしたら、すぐに安全あんぜん場所ばしょげましょう。げることができない場合ばあいは、丈夫じょうぶ建物たてものの2かい以上いじょうで、やまからとお部屋へやにいてください。

【3.台風たいふうまえ準備じゅんび
台風たいふうのときは電気でんき水道すいどうまることがあります。缶詰かんづめやお菓子かしなどのものみずなどを準備じゅんびしておきましょう。電気でんきまったときのために電池でんちなどでうごくラジオや懐中電灯かいちゅうでんとう準備じゅんびしておいてください。

いえ会社かいしゃちかくにある避難ひなんする場所ばしょと、そこにみち調しらべておきましょう。電車でんしゃやバスなどがまることがあるため、テレビやインターネットなどで調しらべましょう。

See on NHK News Web Easy (if still available)