NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

宇宙うちゅう研究けんきゅうをする「ハイパーカミオカンデ」をつくる計画けいかく

岐阜県ぎふけん飛騨市ひだしに「カミオカンデ」と「スーパーカミオカンデ」という建物たてものがあります。宇宙うちゅう研究けんきゅうのために、物質ぶっしつつくっているもっとちいさい粒子りゅうしの1つ「ニュートリノ」を調しらべています。この地下ちかにある建物たてもの研究けんきゅうおこなった2人ふたりが、ノーベルしょうをもらっています。

文部科学省もんぶかがくしょうは、ニュートリノなどをもっとよく調しらべるため、飛騨市ひだしあたらしく「ハイパーカミオカンデ」をつくる予定よていです。地下ちか650mのところに、直径ちょっけいが70mぐらい、ふかさが60mの水槽すいそうをつくって、宇宙うちゅうからるニュートリノを調しらべます。ハイパーカミオカンデをつくるためには670おくえん以上いじょう必要ひつようです。

文部科学省もんぶかがくしょうは、2025ねんから2029ねんあいだにハイパーカミオカンデを使つかはじめる計画けいかくです。ニュートリノと反対はんたい性質せいしつがある「はんニュートリノ」などを調しらべることにしています。