NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

北海道ほっかいどう地震じしん 「たすかったひとのほとんどは2かいにいた」

Story illustration

去年きょねんがつ6日むいか北海道ほっかいどうおおきくれる地震じしんがありました。震度しんど7だった厚真町あつまちょうでは、やまからながれてきたどろいえはいって、21の家庭かていで36にんくなりました。

いえどろはいって家族かぞくくなりましたが、自分じぶんたすかったというひとが16にんいました。NHKがたすかったひと親戚しんせきはなしくと、14にんは2かいていました。

57さい男性だんせいは2かいにいてたすかりましたが、1かいにいた76さい母親ははおやくなりました。男性だんせいは「いえはいってきたどろは、1かいだけをながして、2かいのこりました。母親ははおやも2かいていたら、たすかったとおもいます」とはなしています。

あめがたくさんってそとげることができなくなったときは、建物たてものの2かい以上いじょうにいたほうがいいとわれています。専門家せんもんかは、地震じしんのときも2かいにいたほうが安全あんぜんだとっています。