NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

北海道ほっかいどう地震じしんから1ねん くなったひとのためにはないていの

Story illustration

北海道ほっかいどうおおきくれる地震じしんこってから、6日むいかで1ねんになりました。厚真町あつまちょうでは、やまくずれてどろなどがながれてきて560以上いじょういえこわれました。地震じしん原因げんいん病気びょうきになったひとすと37にんくなりました。

19にんくなった吉野地区よしのちくには、くなったひとのためにはなだい用意よういされました。くなったひと家族かぞく友達ともだちが、あさはやくからはないていのっていました。

地震じしんおおくの友達ともだちくなったという女性じょせいは「地震じしんから1ねんぎましたが、地震じしんがあったことがしんじられません。くなった友達ともだちにまたいたいです」とはなしていました。

おおきな被害ひがいがあった厚真町あつまちょう安平町あびらちょう、むかわちょうでは、いまも449の家庭かていの762にん自分じぶんいえもどることができなくて、仮設住宅かせつじゅうたくなどで生活せいかつしています。仮設住宅かせつじゅうたくなどにむことができるのは、来年らいねんあきまでです。そのあとに場所ばしょをどうするか、十分じゅうぶん計画けいかく必要ひつようです。