NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「AIであたらしいほしつける」今月こんげつからよるそら調しらはじめる

Story illustration

東京大学とうきょうだいがくなどの研究けんきゅうチームは、特別とくべつ望遠鏡ぼうえんきょうとAIを使つかって、あたらしいほしなどをつけるためのシステムをつくりました。長野県ながのけん木曽町きそまちにある天文台てんもんだい今月こんげつからよるそら調しらはじめます。

望遠鏡ぼうえんきょうにはたくさんのセンサーがいていて、よるそら全体ぜんたいを2時間じかんります。そして、った映像えいぞうをAIで調しらべて、あかるさや場所ばしょまえちがっているほしなどをつけます。一晩ひとばん映像えいぞうのデータは1まんぼん映画えいがおなじぐらいおおいため、AIを使つかうことではじめて調しらべることができるようになりました。

研究けんきゅうチームは、きゅうあかるくひかる「超新星ちょうしんせい」を1ねんに1000ぐらい、ほかのほしまわりをまわる「惑星わくせい」を1ねんに100ぐらいつけたいとっています。