NHK News Web Easierイーシア

Single Story

シリアでどくはいった兵器へいき使つかわれた可能性かのうせい

Story illustration

シリアでは政府せいふと、政府せいふ反対はんたいするグループのあいだ戦争せんそうつづいています。政府せいふ反対はんたいするグループがいるイドリブけんまち4日よっかそらからの攻撃こうげきがありました。このまち活動かつどうしているNGOによると、どもなど70にん以上いじょうくなって、大勢おおぜいひと病院びょういんはこばれました。

攻撃こうげきのあと、ちかくにんでいるひとたちはいきくるしくなったり、いたり、からだふるえたりしました。NGOは、サリンなどのどく使つかわれた可能性かのうせいたかいとかんがえています。

政府せいふ反対はんたいするグループとアメリカやヨーロッパのくには、シリア政府せいふどくはいった兵器へいき使つかってそらから攻撃こうげきしたとっています。

しかし、シリア政府せいふどくはいった兵器へいき使つかっていないとっています。ロシアも「シリア政府せいふは、政府せいふ反対はんたいするグループの建物たてもの攻撃こうげきしました。どくはこの建物たてものなかにありました」とっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)