NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「エスカレーターはあるかないでまってってください」

Story illustration

エスカレーターは、安全あんぜんのためにすりをつかんで、あるかないでまってるのがただしいかたです。しかし、あるいてのぼったりりたりするひとのために、自分じぶんとなりをあける習慣しゅうかんがあります。このかたでは、お年寄としよりやからだ障害しょうがいがあるひとは、利用りようしにくいことがあります。

東京とうきょう練馬駅ねりまえきちかくで27にちどもとおやにエスカレーターのただしいかたおしえるかいがありました。どもたちは、まってったほうが安全あんぜんで、2人ふたりずつならんでったほうが大勢おおぜいひとはや利用りようできることをならいました。

東京とうきょうでは、エスカレーターの左側ひだりがわまってひとがいて、右側みぎがわあるひとおおいです。しかしからだ障害しょうがいなどでひだりにつえをっているひとは、みぎすりをつかむため、右側みぎがわ必要ひつようがあります。どもたちは、つえをってってみてわかりました。

このかいひらいたひとは「ただしいかたでみんなが安全あんぜん利用りようできるようにしたいです」とはなしていました。