NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

北陸新幹線ほくりくしんかんせん みずはいった120の車両しゃりょう使つかえないかもしれない

Story illustration

台風たいふう19ごうあめかわみずがあふれて、長野市ながのしにある新幹線しんかんせん車両しゃりょうセンターにみずはいりました。車両しゃりょうセンターにいてあった北陸新幹線ほくりくしんかんせんの120の車両しゃりょうは、せきうえまでみずはいったようです。モーターやブレーキをうごかす機械きかいなどにもみずはいったようで、JR東日本ひがしにほんは、使つかうことができない車両しゃりょうがあるかもしれないとかんがえています。

北陸新幹線ほくりくしんかんせんは25にち全部ぜんぶとおることができるようになりました。しかし、車両しゃりょうりないため、運転うんてんするかずいままでより10%すくなくなっています。

JR東日本ひがしにほんは、上越新幹線じょうえつしんかんせんあたらしく使つか予定よていだった60の車両しゃりょう北陸新幹線ほくりくしんかんせん使つかうことをかんがえています。しかし、十分じゅうぶんではないので、故障こしょうしたり検査けんさしたりする車両しゃりょうたら、運転うんてんするかずすくなくなるかもしれないとっています。