NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

180ねんまえつくった望遠鏡ぼうえんきょう かがみかたち正確せいかくさはいまおなじレベル

Story illustration

滋賀県しがけん長浜市ながはましまれた国友くにとも一貫斎いっかんさいは、日本にっぽんはじめて反射はんしゃ望遠鏡ぼうえんきょうつくったひとです。望遠鏡ぼうえんきょうには1836ねんいてあります。

この望遠鏡ぼうえんきょうっている長浜市ながはましなどは、望遠鏡ぼうえんきょうの「主鏡しゅきょう」というかがみについて、東京とうきょうにある国立天文台こくりつてんもんだい調しらべてもらいました。

その結果けっかかがみなかすこひくくなったかたち正確せいかくつく技術ぎじゅつは、いまっている望遠鏡ぼうえんきょうかがみとほとんどおなじレベルでした。

国立天文台こくりつてんもんだいひとは「とてもびっくりしました。いまかがみつくるときにながさやふかさを調しらべる器械きかいがあるので、調しらべながらなおすことができます。むかし器械きかいがなかったのに、こんなに正確せいかくかたちかがみつくることができたのは、たか技術ぎじゅつあつ気持きもちがあったからだとおもいます」とはなしています。