NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

1100まんねんまえ隕石いんせきちたあとうみそこつかった

Story illustration

海洋研究開発機構かいようけんきゅうかいはつきこうなどの研究けんきゅうグループは、太平洋たいへいようにある南鳥島みなみとりしまちかくでうみそこにある資源しげん調しらべていました。そのとき、うみそこの3mぐらいしたで、イリジウムなどの特別とくべつ元素げんそ濃度のうどがとてもたか場所ばしょつけました。

グループは、イリジウムなどの濃度のうどたかかったため、この場所ばしょ直径ちょっけいなんkmもあるおおきな隕石いんせきちたあとだとかんがえています。そして、隕石いんせきちたのは1100まんねんぐらいまえだったとかんがえています。

地球ちきゅうでは1160まんねんまえ、そのときおおくいた生物せいぶつ種類しゅるいのうち、15%ぐらいが全部ぜんぶにました。グループは、隕石いんせきちたため、生物せいぶつんだ可能性かのうせいたかいとっています。

海洋研究開発機構かいようけんきゅうかいはつきこう野崎のざき達生たつおさんは「イリジウムの濃度のうどたか場所ばしょつけたのは偶然ぐうぜんでしたが、とてもおどろきました。もっとよく調しらべて、隕石いんせきちた正確せいかく場所ばしょつけたいです」とはなしています。