NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

宮城県みやぎけん 台風たいふう被害ひがいがあった農家のうかがきつくはじめる

台風たいふう19ごうおおきな被害ひがいけた宮城県みやぎけん丸森町まるもりまちで、がきつく季節きせつになりました。しぶかきかわをむいて、つめたいかぜなかすと、あまがきになります。

丸森町まるもりまち農家のうか八島やしま哲郎てつろうさんもがきつくはじめました。家族かぞく機械きかいかきかわをむいたあと、1ぽんのひもに10ぐらいのかきむすんでしていました。

八島やしまさんは野菜やさいなどをみせをやっていますが、台風たいふうあめみせみずはいってしまいました。みんなに手伝てつだってもらって、みせける準備じゅんびができたので、今年ことしがきつくることをめました。

八島やしまさんは「みせみずはいって大変たいへんでしたが、今年ことしもおいしいがきができるとおもいます」とはなしていました。