NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

日本にっぽんした地球ちきゅう気温きおんげるガス いちばんすくなくなる

環境省かんきょうしょうによると、日本にっぽんが2018年度ねんどした地球ちきゅう気温きおんげるガスは、12おく4400まんtでした。2017年度ねんどくらべて4700まんt、3.6%りました。5ねんつづけてっていて、調しらはじめた1990年度ねんどからでいちばんすくなくなりました。

環境省かんきょうしょうは、使つかうエネルギーがすくない製品せいひん利用りようしていることや、自然しぜんのエネルギーや原子力発電げんしりょくはつでんやして、火力発電かりょくはつでんらしたことなどが理由りゆうだとっています。

日本にっぽんは2030年度ねんどまでに、地球ちきゅう気温きおんげるガスを2013年度ねんどくらべて26%らすとっています。しかし、2018年度ねんどらすことができたのは、11.8%だけでした。