NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいから25ねん わかひと震災しんさいつたえる

6434にんくなった阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいから、17にちで25ねんになりました。

神戸市こうべし中央区ちゅうおうく公園こうえんでは、くなったひとのためにいのしきがありました。くなったひと家族かぞく友達ともだちなどがあさはやくから公園こうえんあつまって、5000ぼんのろうそくを「1.17」のかたちならべてをつけました。そして、地震じしんこった午前ごぜん46ぷんになると、みんなでしずかにいのりました。

兵庫県ひょうごけん小野おのからむすめ一緒いっしょ女性じょせいは「震災しんさいちちくなりました。震災しんさいがなかったらちちまごかおせることができたのにとおもいます。むすめ地震じしんこわさをかんじてほしいとおもって、れてました」とはなしていました。

17にちは、くなったひとのためにいの行事ぎょうじ避難ひなん練習れんしゅうおおくの場所ばしょであって、わかひとたちに震災しんさいのことをつたえるになります。