NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

あたらしいコロナウイルス みんながっておきたいこと

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがからだはいって病気びょうきになると、ねつやせきがたり、くるしくなったりします。筋肉きんにくいたくなるひとや、からだおもかんじるひともいます。病気びょうきがひどくなると、はいわるくなって、いきをするのがむずかしくなることもあります。

WHOによると、このウイルスがからだはいってもひどくならないひとは82%ぐらいいます。15%のひとはとても具合ぐあいわるくなって、3%のひといのちあぶなくなります。

専門家せんもんかは、このウイルスはせきやくしゃみなどでうつるとかんがえています。WHOによると、ウイルスのうつりやすさはインフルエンザとおなじぐらいです。

ウイルスがからだはいらないように、をよくあらうことが大切たいせつです。せきやくしゃみをするときはティッシュやひじでくちはなをふさいで、ウイルスがひろがらないようにすることも大切たいせつです。

このウイルスのくすりはまだありませんが、べつ病気びょうきくすり使つかうことができるかもしれません。日本にっぽんでも、エイズのくすり使つかったら、よくなったという報告ほうこくがあります。ワクチンもまだありません。